読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめこママが憧れのシンプルライフを目指す!

片付けが苦手なまめこと申します。すぐリバウンドしてしまう…すぐに戻す習慣を付けて、憧れのシンプルライフを目指します。2児の母になりました。

着ていない服を捨てたら、とても良い服に出会えた話。

こんばんは。

こんな時間に更新です。

 

先日、売ろうかな?捨てようかな?いや、取っておこうか?なんて悩みながら1年以上着ていない服をいくつか捨てました。

 

そして、夫の知人に某ファミリーセールに招待していただき、本日セールへ!!

 

私は5、6年ぶりの参戦でした。

 

良いのがあれば、普段着用を〜なんて思いながら行きました。

家を出る前からどうしても今日行きたくて、ワクワクしていました。

 

娘の服は可愛いのがたくさんあって、いろいろ縛ったのに7点も…(@_@)

 

男の子の服がイマイチで、購入出来ませんでした。ゴメンね息子よ。また違う機会に必ず!!

 

夫に私も普段着みたいから、少し見せて〜と子どもたちをお願いして、いろいろ見てましたがピンと来るものが無し。

 

息子の服を探してる時に通り過ぎてステキだなこの服!でも高いな〜でも気になる!って服があって、再びそこへ!

 

ファミリーセールって服が膨大にありすぎて、もう何を見れば良いのか分からなくなり、スタッフの可愛いお姉さんに、『すみません、オススメはありますか?もう何を見ればいいかわからなくなってしまって…』と聞くと

 

スタッフ:こちらはいかがですか?

 

でもお姉さん、細いし可愛いから似合うんだな〜と思いながら、試着してみますと一応言ってみる。

 

スタッフ:あとこちらもオススメです!麻で気持ちがいいですよ!

 

あ!それ、私が通りすがりにいいなと思ったやつだ!

このお姉さん、わかってる〜笑

 

私:あ!それ、いいなと思ってここに来ました。試着してみたいです。

 

それを気にその方は

 

スタッフ:この私の着ているのはいかがですか?すごく素材が良くて気持ちいいんです!

 

自分の着てるの勧めるって結構、自信あるんだ!でも私に似合うかな〜?と思いつつ試着してみますと答える。

 

私:その素材、ものすごく高そうなんですが…

 

スタッフ:うーん、このくらいです。

 

私:そうですか。

 

もうこの辺ではヤケクソになって、とりあえず試着して欲しかったら大人買いだ!の勢いでした。

 

私:あ、このパンツも気になります。

 

スタッフ:あ!これ、私の履いてるのと同じです!!

 

私:わ!お姉さん着てるとかわいい。私に似合うかな〜?

 

スタッフ:大丈夫です!履いてみてください。

 

完全に乗せられて試着室へ。5点くらい試着しました。

 

着てみると何この着心地の良さ!!!

 

お姉さんみたいじゃないけど、

ヤバイ。これは買いだな!!!

ビビビッと久々に来ました。

 

でもお財布が…ここから厳選せねば!!

 

とりあえず3点に縛り、お姉さんに残りをお返ししてお礼を言い、袋に入れて夫の元へ。

 

子どもたちがお疲れなのでドリンク休憩。

 

私はかなり真剣に悩んでました。

新作だから30%オフかぁ。うーん、そうするとだいたいこのくらいの値段…(@_@)

娘の服も買いたいし、うーん、痛いなぁ。

 

2、3分考え込んでいると夫が話しかけて来ました。

 

夫:何悩んでるの?

 

私:うーん、服買いたいけど、これぐらいの金額は少し痛いなと思って。

娘のと合わせると何かを削らなきゃいけなくて、どれを削るか迷ってるんだよね〜

 

夫:いくら?

 

私:◯円くらい!

 

夫:買っちゃえよ!俺もスーツ買ったしさ。

 

私:え?

 

夫:確定申告で税金戻って来たし、俺が買ってあげるよ!

 

私:うそ!?いいの!??やったー!

 

夫:でも娘のは沢山ありそうだから、自分で出して。

 

私:大丈夫!私の服のが高いから!

 

なんと夫が買ってくれたのです(@_@)

ふだん、そんな事ってないんですよね、夫。

どちらかと言うと堅実。ケチとも言う。

 

すごくビックリ&私は久しぶりに満足感を覚えています。

 

いままで、プチプラばかり適当に買っていたけど、久しぶりに良い服を見たら欲しくなってしまい、自分へのご褒美でもいいよね散財だ〜!と覚悟する程、良いと思った服。

 

本当に良い服に出会えました。

 

夫、子どもたち、ありがとう!

 

これはいらない服を捨てたからなのかは分かりませんが、帰って来てから新しい服をクローゼットの中へしまったときに、もっと整理しなくては!!とやる気につながりました。

 

 

長くなりましたが、おしまいです。

ありがとうございます。